収益化・コスト削減



トップページ イーグルキャッチとは 収益化・コスト削減 機能・仕様 よくある質問 お問い合わせ

収益化・コスト削減

車検
  • 価格競争になっており売上が低減している
  • サービスの差別化が難しい
  • 参入会社が多く、車検獲得の熾烈を極めている
  • ハイブリッド車は外注する傾向にある
整備
  • ユーザが故障した時のみ入庫されるので待ちの姿勢になっている
鈑金
  • 部品の交換だけでは、利益率が上がらない

OBDII搭載など車がコンピューター制御化されている中、
ECUに記録された電子情報を読み出し、必要な修理を行えます

診断・消去に対する対価


正しい見積書の作成


納車品質の向上


OBD-IIを利用した売り上げアップ・コスト削減が可能!

【売上アップ】
  • 車検受入・完成検査時での診断
    ⇒OBDII搭載車車検台数×単価
  • 保険事故車受入・納車時での診断・消去
    ⇒保険事故車入庫台数×単価+外注費分+(修理作業工賃)
  • 他店からのエラーコード消去需要
    ⇒他店からの入庫台数×単価

【コスト削減】
  • エラーコード消去内製化
    ⇒台数×(外注費+往復の運搬工数×人数×単価)
  • プリウスブレーキフルードエア抜き作業内製化
    ⇒車検・整備時に入庫するプリウス台数×(外注費+往復の運搬工数×人数×単価)